HALO

彼女たちは言う
わたしたちは
あたまがわるい
彼女は言う
わたしは
あたまがわるいから
わるい
から
「生きる」
わるい
から
「わらう」
わるい
から
「あ」
先生よりも
わたしは
「生きている」


「ね」
ばかだから
「わからない」
たすけて
「と」
いえばいいの
「やって」
これを
「ね」
だだっぴろい
水たまりに
草がはえている
ゆれている
「ねえ」
「ねえ」
あなたのことを
すっかり忘れる
けれど
あなたは
消えたり
透明になったりは
しない
「残念でした」
彼女は
「ばかだ」
ぼくは
「ばかだ」
彼女と
ぼくは
ちがう
ぼくが
「死ぬ」


先生よりも わたしは 生きてる 
土に 足を つけて いる
倒れないように
わらって
いる


わたしは
ひばく している
かわいい
ばか
まちがい
ゆるし
いのり
あたま
からだ
わたしは
ひばく している
きみの
ゆびが
くさって おちる
「音」
くびを かしげる
「光」
めを ほそめる
なにも
あなたや
わたしを
みていない
きょうだいの
からだを
ひきずっている
トカゲは
きょうだいを
しらない
花は
はなびらの
数をかぞえない
ぶんれつ
する
やりかたが
あしたからは
ちがう
ということを
喉をいためて
だれかが
はなしている
なにもきいていない
水が
穴にすいこまれていく
なまえを
つけた
毛玉が
ちりぢりになる
なまえをつけられた
何 は
さいごまで
わたしを
認めなかった
運行は
運命とはちがう
運行に
轢かれる 何 が
あり そこには
声が ない
「音」
耳を 削ぐ
「光」
目を 塞ぐ


古文を 教えてるんです
ゆるく あいた 口が
横に のばされる
どうか 彼女が
長生きするように

私は 
つぶやいている

 uki

すこし
道から
浮き上がって
歩いていると
何年も
会っていない
ともだちの
体に
つまづいて
転んだ
刷りガラスの
向こう側の
声だ
blackbird
blackbird
お洒落に
生きることばかり
考えていた
お洒落だなあと
つきはなして
話すのも
そのためだ
ともだちの
体は
ここにあるものが
唯一ではないので
ぶつけた
指が
ずきずきとする


靴を脱ぐわけには
いかなかったので
もう一度
友達のからだを
越えた
方向が
わからなくなった
友達のくちもとは
ろうそくが
とけたように
えぐれていた
腕が
胴に
くっついてた
会いにきたのではない
blackbird
blackbird
あすこは
東南アジアの
どこかの
地下
きらきらと
首を
あしもとに
おとして
いく
友達のからだの
いぼいぼに
目を描いて
あそんでいたら
日が暮れて
クライマーが
ゆっくり横ぎった
山を
なめると
ひどいめに
あう
指何本かじゃあ
すまない

小枝を
おとしていく


きみは
会いにきたんじゃあないね
きみは
会いにきたんじゃあないね
きみは
会いにきたんじゃあない
じっとして
だめになる
なにか
blackbird
blackbird

 hitahita

タイム涼介アベックパンチが映画になる
ということもしらずに
パンパンになったパンダに
おしつぶされて
窒息する
1時間後に
蘇生したけれど
もう
すっかりちがってしまった
ちがって
しまったの
かしら
もう
すっかり?


あかちゃんが
いい
においを
させている
おかあさんは
花柄のタイツを
はいている
細かいプリーツの
スカートを
はいて
花が大きい
花が大きかったね
ベッドにつっぷして
いるとき
お父さんが
覚えているのは
花が大きい
ということだったり
するんだ

お姉ちゃんが
言った


そんな思い出はいらないのだけれど
そんな思い出は知らない間に
お気に入りのワンピースに
とんだミートソースのしみみたいに
こすらずにいられないものだ
そうだね
そうだ!
お外であつまって
手をさする
パーカーの合わせを
うえまであげて
ただあつまっている
そうだ!


おいしいものをたべること
あたたかいふとんでねむるとき
あこがれの皮膚をなでること
すべてさしひいても
ひどい
ひどい!
たのしい
たのしい!
デモに行くひと
被災したひと
ひとびと
だれひとり
おなじきもちなんかでは
ないだろう
みんなちがう
なまえで
あつまっている
そうだ!
かなしい
ちがう!
つらい
しらない
ひどい!
夜に焚き火があるように
思い出はいらないのだけど
大きな花があたためられて
いた!
いたい!
にんげんはチンパンジーとちがっている
教えようとすること
抽出すること
時間をながく感じること
抽象すること
おいしいものも
あたたかさも
あこがれも
ひどい
のうえに
ぐらぐらと
のっかっている
眠る前の
まばたきが
今日も
かわいている
かれらはもどってきませんでした
もうはいれなくなるとおもう
花火みたいに
人生がおわるイメージで
まだいるのかしら
まだ
ロッカーを素手で殴る
イメージで
生きているのかしら
人間は
花火じゃありません
ロッカーを殴ったら
きみの方が痛い
血なんかはでない
花火も
雪も
ずっと一緒にいたら
だめになる
からだが


花が大きい!
こぼれそうだ


家族は
みな
肺や

内臓の一部を
失って
そこから
しばらくを
生きました
もしくは
生きています
あなたに感情を昂らせる権利はないです
と言う声はいつもふるえている
あなたには泣いたり怒ったりする権利があります
と言う声はいつも平らだ
と決めること
月の骨が電車に突き刺さったため
大幅に遅れが生じています
みなさまにはたいへんご迷惑をおかけして
申し訳ありません
どの声に
許されたと
感じるのか
許されたいと
思うことが
なによりも
ひどい
けれど
許されたいと
思うことが
昇ってきて
やまない
あたたかさや
おいしさ
のように
からだのなかを
ひたす


あこがれが
ぼろぼろになっても
あこがれのままなので
とても
ひどい
ひといことばかり
どこかしらで
いつも
あります


子どもの手は
ゆるくにぎられている
いいにおいがした
頬の煤が
わらっている

3/26(sat)
マシモトキヨシ(有)Vol5
早稲田@茶箱
Open:17:00〜
Close:23:00
1500yen1D


DJ'S

キノ汁
sizm
tom2
YOUTARO

Live

脳拳
Ruta
きさぬき
田村鉄火
くさぶね
イシダユーリ

茶箱Web

http://sabaco.jp/

ピン


からだを
捨て去って
きみの
こどもに
なりたい
べたついた手を
まぶたに
おしつけると
産毛を
ひかりが
とおりぬけるのが
みえたよ
ラジカセの
ボタンを押すような
手ごたえさえ
ない
去年
きみにもらった
クッキー
おととし
きみにもらった
チョコレート
どれも
食べずに
コートのポケットや
リュックのすみっこから
でてくるんだ
ぐしゃぐしゃに
なって
どろどろに
なって
簡単な日常なら
ふみにじれる
きみの手も
わたしの手も
1キロ先に
飲み干せる水を
運べない
まざりあったものを
誰かに
舐めさせるのか?
必要がないのに
きみが
カカオから
つくった
チョコレートじゃない
きみが
粉をこねた
クッキーじゃない
手ごたえもなく
ぼろぼろの
かけらが
からだの
裏側を
すべりおちていく
まったく
なにも感じない
足音が
どこに向かっているのか
わからない
通行人のことは
蹴らない
おもいで
まるいものを
放った
砂に
めりこんだ
きみの
こどもに
なりたい
ぽす
という程度の
衝撃だけで
しかたなく
うまれたい
ひきちぎって
放ってほしい
ぽす
という程度の
音がする
場所に

 Yoct.

わたし
じつは
馬なんです

あの子が
言っていた!


わたし
じつは
草なんです

あの子が
言っていた!


そのような
紹介で
よろしいでしょうか
手足が
ひっくりかえって
歩きにくくなるでしょうか
壇上まで
体液を
ずるずる
ひきずっていきますか?


覚えている
というだけの
理由で
死なないでほしい
という
お願いをする
暴力
マンホールに
落ちないでほしい
ノルウェイの森
行かないでほしい
覚えている
覚えている
きみの
お願いだから
という言葉を聞いて
きみの
お願いを
聞かなかったことを
覚えている
だから
懇願は
いつでも
暴力になる
それは
他人にとってではなく
空から
突然に
わたしに
降りかかる
数千の金だらいの
ようなものだ
音楽が
沸騰した


馬であろうと
草であろうと
ボタンと
ポケットが
つきすぎた
ワンピースが
にあうよ
ワンピースを
きた
幻想の足が
わたしを
ふみつぶす
ちいさく
つぶされる
わたしは
かわいい
虐げられている
ときだけ
わたしが
かわいい
きみに
虐げられている
ときだけ
かわいげがある

にやついた
瞬間に
血がひいて
彩るものが
なくなってしまった


静止は
ひどく意地悪なのに
運動が
なれなれしく
やさしい
それだけが
わたしたちが
共有するもの


つまらないはなしを
ありがとう
拍手!
拍手!
拍手!

 めのう

わたしの
ずるり

あなたの
ずるり
とは
ちがう
ちがう
ずるり
です
ずるり
です
ずるり
ずるり
だってば
ずるり
ちがう
ずるり
そうじゃない
ずるり
わたしの
ずるり

もっと
こう
あなたの
ずるりは
もっと
ああ

ああ


そのあいだに
腐るものは
たくさんある
そして
ちがうずるりが
うまれる


枕にしてもよい
と思っていたほどの
小説が
いつのまにか
水浸しになっていて
眠れない
毛布にもかなわない
と思っていたほどの
音楽が
いつのまにか
がびがびになっていて
眠れない
なにもかも
すっかり
かわってしまった
いいえ
ただしくは
なにもかも
すっかり
わかっていなかった
ずるり
いつも
あなたの
皮が
めくれるときの音を
想像している
それが
わたしの
好きの
証明だとして
それを
いいたくて
たまらず
トイレだいじょうぶ?
と園長先生に
せかされている
だいじょうぶ
です
ずるり
その
ずるりは
けして
ただしくないのだ
そして
あなたは
うまない
あうああ
うむ
あうああ

朝日に
照らされている
ので
たやすく
ずるむけている
額に
ドリアンの
模様が
うきでている
だれかが
押しやっているのだ


はだかが
そらを
舞っている
わたしと
いっしょに
暮さない
はだかだ